今すぐできる脳の老化対策!記憶力低下、痴呆症、認知症を防ぐ方法

本日の質問と回答はこちら!

記憶と老化に関する質問ですね!

私は昨日の夕飯ですら思い出すのに少し時間がかかりますね。3日前とかになると、もう覚えていません

ですが、これは老化とはあまり関係がありません

というのは、そもそも脳にはキャパがあるため、重要な情報を記憶し、不必要な情報を忘れるようにできています。

一流のウェイターはお客様が注文した物をしっかりと記憶しますが、お客様がお帰りになった後はすぐに忘れてしまいます。

脳の大きさが最大になる20歳の若者だって、特に記念日でもなかった2日前の夕飯を思い出すには時間がかかるでしょう。

もちろん、老化すれば過去の記憶を思い出すのが難しくなるという事はあります。

ですが、質問者様の場合は老化とは関係のない短期的な記憶の話です。この場合、脳は重要な事をしっかりと記憶するために、重要性が低い情報を忘れているだけです

老化で衰えること、実は衰えないこと

老化すると脳の全ての機能が衰えるようなイメージがありますが、実は衰えない分野もあります

また、研究によって異なる実験結果が出ていた分野がいくつかあったので、以下では結果の信憑性が高い分野のみを記述します。

衰えること

1つ目は、過去の記憶を思い出す能力です。

例えば、5年前に旅行に行ったのがどこだったのか、Aさんと知り合ったのが何年前だったのか、銀座で一番好きなレストランを最初に紹介してくれたのが誰だったのか、などを思い出す能力が衰えます。

ですが、物忘れが激しくなってしまった高齢者でさえ、本人が重要だと認識している事は、そうでない事よりも忘れにくい事が分かっています。
やはり記憶を取捨選択する仕組みは変わらないようですね。

2つ目は、新しい事を長期的に記憶する能力です。
高齢者は睡眠が浅くなるため、特に睡眠で記憶を長く定着させる力が弱くなります。

とある心理学の実験では、若者と高齢者の被験者が絵を記憶し、数時間起きていた後に記憶力をテストしました。
その結果、若者と高齢者でスコアがあまり変わりませんでした。

しかし、絵を記憶してから8時間の睡眠を取ってからテストをしたら、若者の方が高齢者よりも有意に高い点数を取りました。

睡眠の記事にも書きましたが、睡眠は記憶において非常に重要な役割を担っています。
老化によって睡眠の質が落ちてしまうため、記憶の定着率が下がっているのだと思われます。

衰えないこと

意外にも、反応速度は衰えません。
実験の結果、テストで若者と同等のスコアを出してしました。

「え、でも高齢者になると車の運転とか危なくならない?」と思う人がいるかもしれません。
反応速度は、あくまで危険を感じてからのリアクション速度です。たとえ反応速度が衰えていなくても、おそらく危険を発見する能力が衰えているので、結果的に車の運転が危なくなります。

どんな理由であれ、理屈ではなく、シンプルに危険な運転の兆候が出てきたら車の運転は控えるべきでしょう。

衰えないことの2つ目は、物の意味や、手順に関する記憶です。

熟語や英単語などの言葉の意味は、老化が原因で忘れません。熟語の意味を忘れることは誰だってありますが、それは老化が原因でなく、単にあまり使わない言葉だから忘れただけでしょう。

手順に関する記憶とは、自転車の乗り方や、料理の作り方などです。これも老化で衰えないことが分かっています。熟語と同様、長く使わないと忘れる場合がありますが、高齢者だから特に忘れる、という事は無いようです。

例外

アルツハイマー症や認知症は脳細胞の活動が止まってしまう病気です。
これらに類する病気にかかった場合、「老化で衰えない」と書いた分野に関しても衰えてしまう可能性があります。

今すぐにできる老化、認知症対策

スウェーデンのストックホルム老年学研究センターの研究によると、知的な活動、運動、人との交流、レジャー活動はメンタルを良好な状態に保つ効果があり、良好なメンタルは脳を健康に保つのに効果的です。

これらに加えて、良い栄養バランスの食事と、充分な睡眠も脳を脳を健康に保ち、老化による記憶力の低下を防ぐのに効果的です。

上記の活動はどれも寿命を延ばす効果もあります。脳は人間の活動における最も重要な器官ですから、脳を良い状態に保てば寿命が延びるのは納得ですね。

【危険】老化を早めてしまう行動

これはすごく単純で、上述した「今すぐにできる老化対策」の反対の行動を取れば老化が進みます。

具体的には、頭を使わない、運動しない、人との交流を避ける、レジャー活動をしない、良いバランスの食事をしない、充分な睡眠を取らない

おまけで、認知症になるのが早まる効果、心臓病のリスクが高くなる効果、寿命が短くなる効果もセットで付いてきます(´ Д`;)

未来の老化対策

最新の研究では、老化で脳が衰える原因は、脳の前頭葉におけるRbAp48プロテインの欠如である可能性が高いことがマウスを通じた実験で分かっています。
コナン君を小さくした薬の名前に似てるな

年老いたマウスはRbAp48プロテインが減り、脳の機能が衰えます。しかし、遺伝子組換えによってRbAp48プロテインが欠如した若いマウスは、年老いたマウスと同程度まで能力が下がってしまいました。逆に、RbAp48プロテインが増量された年老いたマウスは、若いマウス並みの能力を見せたそうです。

なので、人間もRbAp48プロテインを補充することにより、マウス同じように脳を若返らえることが将来的には出来るかもしれません

ただし、この実験ではRbAp48プロテインをコピーするウイルスをマウスに寄生させるという方法で実験が行なわれています。
当然そのまま人間に適用できる方法ではないので、人間のRbAp48プロテインを効果的に増やす方法が見つかるのはもう少し先の話になりそうです。

まとめ

・脳は重要な情報を記憶し、不必要な情報を忘れるようにできている

・老化で衰えるのは、過去の記憶を思い出す能力と、新しい事を長期的に記憶する能力

・老化で衰えないのは、反応速度と、物の意味や、手順に関する記憶

・老化対策は、知的な活動、運動、人との交流、レジャー活動、良い栄養バランスの食事、充分な睡眠

・将来は脳の老化を止める方法が発見されるかも?

最後まで読んで頂きありがとうございました!

老化対策はどれもすぐに始められる事ばかりです。全部を日常生活に取り入れるのが難しければ、たった1つだけでも良いので、是非取り入れてみて下さい。

人気記事

最新情報をチェックしよう!