部下・上司・同僚とうまく仕事をするコミュニケーション

自己紹介もせずに仕事を始めない

仕事においてありがちな失敗は、相手の事を何も知らずに、マトモな自己紹介もしないままいきなり仕事を始めること
これが失敗のもと。
その前に、お互いのことを知って、多少なりとも仲良くなってから仕事を始めると、その後の仕事が驚くほどスムーズにいく

人間関係ができていない状態で仕事をするのは関係がドライ過ぎる

「ビジネスってそういうものでしょ」って思う人もいるだろうけど、ビジネスをする前に私達は人間です
人は他者との共感や分かち合いによって喜怒哀楽を感じる生き物なので、割り切ろうとしても割り切れない。

あなたは1日何時間仕事をしますか?

8時間?10時間?

多くの働く人は、心の中で、「仕事多すぎ」「仕事早く終わらないかな」って思っていて、「仕事少なすぎ」「仕事が長く続いて終わらないと良いなぁ」とは思っていないですよね。


そんな多くの働く人が長く感じる仕事の時間を、殺伐としたドライな状態で過ごせるほど人間は機械的じゃないです。

それなのに「仕事だから」「義務」「職務」「努力」とかいう冷酷な言葉を持ち出して人を奴隷のように扱おうとするから、追い詰められた人は逃げるために「退職」「病欠」「鬱(うつ)」「過労死」などの選択肢が浮かぶわけです。

良質な人間関係は高い成果を生み出す

アメリカの心理学者、ミハイ・チクセントミハイは、人間が幸福を感じるのは、ステータスではなく、自分の能力をギリギリまで使って真剣にチャレンジする時だと分析します。

そして面白いことに、とある別の研究では、人間が仕事で能力を発揮できるか否かは、仕事の人間関係の良さに比例する傾向があるそうです。

私は仕事をする時、最初に新しい仲間のことをよく知って理解しようと努力します。

楽しんで仕事してもらいたいから。

元気に仕事してもらいたいから。

職場の人間関係のせいで仕事を嫌になって欲しくないから。

いつもそういう気持ちで接すると相手にもそれが伝わって、相手も少しずつ心を開いてくれて、私にとっても相手にとっても温かくて過ごしやすい雰囲気の職場になります。

「部下と仲良くなりすぎると仕事に支障が出る」っていう人もいましたが、この人は何か勘違いをしています。
仲が良い人との仕事でうまくいかないことは勿論起こるけれど、それは仲が良いことが原因で起きるわけではないでしょう。 

例えば、「仲良くなりすぎると、注意や間違いの指摘をし辛い」って言った人がいました。
もしあなたがそう思うのであれば、あなたは仲が良い人に対しても、仲がそこまで良くない人に対しても、注意や間違いの指摘の仕方を間違えています。
仲良い人に対して言い辛いのに、仲がそこまで良くない人に対しては同じことを言えるのであれば、あなたは高確率でその人との関係をいい加減に捉えており、言われた人は相手はあなたの絶対に良く思いません。
問題はやり方にあるのであって、仲の良さは関係ないです。

他人の先輩や上司になることで、コミュ力のなさをカバーできると思っていませんか
仲が良い人じゃ成り立たないようなコミュニケーションを仲が良くない人に対して行なうなんて、そんな人は嫌われるに決まっているし、職場全体のパフォーマンスを下げています。
後輩や部下の見本、模範、憧れの対象になるような人こそ年長者として、上司として人の上に立つべきではないでしょうか。

メラビアンの法則と接し方

最初に10分、無理なら5分だけでも良いから、仕事を始める前に自己紹介して、雑談しながら質問し合って、お互いのことを知って、少しでも打ち解ける

たったこれだけで仕事の滑らかさが目に見えて変わります

コツとして、「相手に楽しく仕事をしてもらいたいからまずは人間関係を良くするために話をしよう!」って心の中で意識しながら話をすると、あなたの言葉だけでなく表情や声のトーンが変わるので、気持ちがちゃんと相手に伝わって心を繋げやすいです。

この事は、コミュニケーションにおいて、相手があなたの話の印象を話の内容よりも声のトーン、仕草やジェスチャーによって判断しているという事を発見したアメリカの心理学者、アルバート・メラビアンのメラビアンの法則によって裏付けられます。

メラビアンの法則は、人が話の印象を判断する際に言語情報(あなたの言葉の内容)はわずか7%しか影響力がなく、聴覚情報(あなたの声のトーン)は38%、資格情報(仕草やジェスチャー)に至っては55%も影響力があるという概念です。

あなたは相手を大切に思って気遣っているのか、それとも相手をコキ使ってやろうとしているのか、あなたが話す内容よりもあなたの心構えがコミュニケーションにおいて遥かに重要です。
相手の事をぞんざいに扱おうとすれば、表面上は綺麗な言葉を並べても、あなたの声のトーンや態度、表情に本当の意図が出てしまうからです。

逆に、心を込めて話せば本音で話せば相手に伝わる可能性が大幅に上がります。
これは、何でも思った事を正直に言えばいいという訳ではありません
言い方を気を遣う所も含めてあなたの心です。言い方に気を遣っている所も相手に伝わりますから、言葉は選びましょう。

まとめ

新しく一緒に仕事をする仲間ができたら、仲良くなるための時間を無駄な時間とは思わないで、まずは少し時間を取ってプライベートな話をしましょう。

同僚に対してこれをやるのは勿論、立場が下の人が立場が上の人に対してこれを行なうのは少しハードルが高くなるので、特に部下や後輩に対しては自分から寄り添ってあげましょう。

人気記事

最新情報をチェックしよう!