脳は退屈が嫌い – つまらない、退屈、暇だと感じる人へ

明けましておめでとうございます!

年末年始はお休みの人が多いと思います。

ところで、休みって忙しい時はめちゃ欲しいけど、いざ休みになると休みを思うように過ごせない事ってありませんか?

せっかくのお休みなのに昼まで寝てしまったり、

普段さぼっていた掃除や片付けや調べ物や事務手続きやらがTo-Doリストのごとく思い出されてリラックスできず…

何をして良いか分からなかったり、

そんな事はありませんか?

そんな時に一気に元気に楽しくなる方法を紹介します!

寝不足じゃなくてもやる気が出ない時

私は12月31日の夜は寝るのが遅かったので、翌日(1月1日)は睡眠不足を感じました。
やろうと思った事になかなか集中できず…

やろうと思った事が進まないから寝る気にもなれず、フェイスブックやツイッターで友人の様子を見たり、趣味のゲームに逃げたりしました。

しかし、やろうと思った事ができてないからかスッキリした気持ちにはなれず、かなり微妙な新年のスタートでした。

午後は気分を上げようと家族との会話を増やしたり、親戚が来るので食事の準備をしたり、久しぶりに親戚と会ってからは話をしたりして、気付いたらそれなりに元気になっていました。

寝不足を反省し、その日の夜は早目に寝て睡眠時間をしっかりと確保しました。
しかし翌日の朝、またもやテンションが上がらない感じでした。

そこで、打開策を探そうとネットで気になった分野を調べたり、尊敬する人の動画を見たりして色々試しました。
そして、実際にやる気がもりもりと湧いてきたのは、一生懸命頑張っている人の話が書かれているブログを見た時でした。
見た時の気持ちですが、「私も頑張ろう」というよりは、「同じぐらい頑張ればどんな結果が出るのかがとても楽しみだからやってみよう!」というやる気が出てきました。

やる気が出てようやく、私はもっと頑張りたかった、自分も思わずやる気を出したくなるような頑張っている人を探していたのだと分かりました。

「暇」&「楽」なだけでは苦痛

忙しくなるとつい忘れてしまいますが、人間って「暇」で「楽」なだけじゃ幸せになれないんですよ。

学生の時、楽して稼げそうだな〜と思ってイベントの案内人の仕事をしてみたら、死ぬほど暇で、やることがほとんどないという意味では間違いなく楽でしたが、退屈すぎてこの上なく後悔しました

穴を掘って埋める方が筋トレになるだけマシじゃないか」と思えましたね笑

人は心の底からやりたいと思っている事をやる時や、新しいことに挑戦している時、すなわち「没頭状態」になれる時に幸福を感じます
科学的には脳汁(アドレナリン)出まくり状態です。
アメリカの心理学者、ミハイ・チクセントミハイがいう「フロー状態」ですね。

「暇」で「楽」なだけでは決して幸せになれない。

幸せを感じたいなら、必要なのは「ワクワク」と「チャレンジ」です。

ワクワクする事が見つからない人へ

ワクワクする事が分からない人は、以下に記述することをどれでも、いくつでも、好きなだけやって下さい。
今すぐにできるし、工夫すれば仕事中にだってできる事です。

・何でも良いので、何か新しい体験をしましょう。

・どこでも良いので、行った事がない場所に行ってみよう。

・あまり話した事がない人と話してみよう。

・知っている人と、普段話さないような話をしてみよう。

・読んだ事がないジャンルの本を読んでみよう。

・いつもやっている事のやり方を大きく変えてみよう。

・作り慣れていない料理を作ってみよう。

・その他、「新しい」と感じることをやってみよう。

脳は筋トレ(脳トレ)が大好きみたいで、楽過ぎると多少の負荷を求めるようです。

一見すると新しい事をやるのは面倒ですが、それは始めるまでの話
一度始めたら結構楽しい筈です。

寝不足以外の理由で無気力を感じる時は、新しい刺激を入れて脳を元気にしましょう!

おまけに、新しい体験は人生を豊かにするのでとてもオススメです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

人気記事

最新情報をチェックしよう!