【初心者向け】英語をやり直したい社会人が勉強する際のポイント3点

こんにちは!海外歴14年、TOEIC 980点、英語でのビジネス交渉や同時通訳も経験してきたコウです。

本記事では、英語を基礎からやり直したい社会人の方に向けて、英語学習のアドバイスをします。

特に、英語ができるようになるまで気付きにくい学習の重要ポイントをご紹介します。

英語をやり直したい社会人が勉強する際のポイント3点!

ENGLISHと書かれた黒板を指す先生をそれを見る生徒達

実は基本的な会話をするだけであれば、中学生レベルの英語がしっかり出来れば十分です。

中学生レベルの英語を95%使いこなさせればほとんどの会話をこなすことができます。ただし、実際には勉強不足のためほとんどの人がその95%を使いこなすことができません。

その理由は、間違った勉強をしてきたからか、身につく前に勉強をやめてしまった可能性が高いです。それを踏まえた上で、英語の勉強をやり直す際のポイントを3点ご紹介します。

英語やり直しポイント1:英単語

英単語が書かれたパズルのピース

定番ですが、英単語は英語の基礎中の基礎です。勉強に迷ったら、とりあえず英単語をやるだけで英語力はちゃんと上がります。ただし、学習の際のポイントがあります。

英単語を学習する際に重要なポイントは以下の4点です。

  1. 発音も覚える
  2. 綴り(つづり)も覚える
  3. 語源も覚える
  4. 使えるシチュエーションを理解する

発音も覚える

英単語を学習する際は意味だけでなく、必ず発音もしっかりと覚えましょう。発音が分かっていないと、せっかく英単語を学んでも人が言った時に分からないし、自分が話す時も相手に通じません。

英単語の学習で使用する英単語帳は、アルクのキクタンシリーズが使いやすく、単語を発音してくれるCDも付いてくるのでオススメです。

本当に最初の最初からやり直したい初心者向け

キクタンの表紙

Amazon 楽天

英語初級者(TOEIC 〜470点)向け

キクタンTOEIC 500の表紙

Amazon 楽天

TOEIC 470点〜の人向け

キクタンTOEIC 600の表紙

Amazon 楽天

TOEIC 600点〜の人向け

キクタンTOEIC 800の表紙

Amazon 楽天

綴り(つづり)も覚える

お菓子で描かれたLOVEの文字

英単語を学習する際は綴りもしっかりと覚えましょう

英単語の綴りと発音にはちゃんとルールがあります。綴りを1つ1つちゃんと覚えれば覚えるほど綴りと発音のルールをきちんと理解できます。すると、新しい綴りを覚えるのがどんどん簡単になるし、知らない単語を初めて聞いた時でも綴りが大体分かるようになります。

語源も覚える

スクランブルのピースのようなモノで綴られたEMAILの文字

漢字の部首のように、英単語にも漢字の部首のような役割を果たす部分があります

例えば、漢字で「氵(さんずい)」は水の意味があり、「艹(くさかんむり)」には草の意味があります。英語にも似たようなルールがあります。これを覚えましょう。

“bio-“には「命の〜」という意味があります。だから、”Biology”は「生物学」の意味で、”Biomass”は「生物量」という意味です。

“auto-“には「自身の〜」という意味があります。だから、”automation”は「自動化」、”autonomy”は「自治」という意味があります。

“in-“は「内側の〜」、”ex-“は「外側の〜」、”de-“は「下の〜」、”re-“は「振り返って〜」など、この他にも色々な意味があります。こういったルールを知っておくと単語をかなり覚えやすくなります

語源に関しては以下のウェブサイトが見やすかったので参考にどうぞ。

「よく出る語源【接頭辞】」 | Gogengo

使えるシチュエーションを理解する

 

単語を覚える際は、どういう状況で使える英単語なのかを把握しておきましょう

そうでないと英単語を正しく理解したとは言えず、なかなか覚えられないし、覚えてもすぐに忘れてしまいます。学ぼうとしている英単語を使えるシチュエーションが理解できるようになるまで、例文を調べてみましょう。

[覚えたい英単語] example sentence でGoogle検索すれば、いくらでも例文が出てきます。

英単語の暗記に関しては、以下の記事もオススメです。

英語やり直しポイント2:リスニング

知的な雰囲気の外国の美人女性

日本人が英会話を苦手とする理由は、相手の英語を聞き取れないから、そしてうまく発音できないために相手に通じないからです。

リスニングをしっかりやれば、発音の問題の85%はクリアできます。なぜなら、正確に聞き取れれば聞き取れるほど、真似することで同じように発音できるからです。残りの15%は練習です。

リスニングに関しては以前書いた以下の記事がオススメです。

英語やり直しポイント3:文法

黒板に書かれた英語の基礎単語

文法は、実は大量のリスニングをすれば勝手に覚えられる面があります。なぜなら、英語の学習をする過程で、人に「ありがとう」と伝える際に、”Thank you”と言うのを何千回、何万回と耳にしますが、”You thank”という人はいない。だから、”Thank you”が正しいと、文法の勉強をしなくても分かるからです。

しかし、それでも文法の勉強はしたほうが良いです。理由は単純で、学習の際に文法も合わせて理解すれば学習スピードが早まるからです

数学の勉強をする際は、先に公式を知って、公式を使いながら簡単な問題を解いていくことで、公式の使い方を学びながら並行して問題の解き方を理解していきますよね?それと同じです。文法の学習は数学でいう「公式」にあたります。

文法を学びながら英語学習をすることでリーディングもリスニングもスピーキングもライティングも効率良く学習することができます。

目標を持とう

SUCCESSのイメージ画像

英語学習する際は必ず目標を持ちましょう。人間の脳は目標を達成するために思考を組み立てるようにできています。目標を持たずになんとなく学習することは非常に効率が悪いです。

目標は具体的であれば何でも良いです。成果がはっきり分かる目標が良いので、TOEICやTOEFLの点数、英検の合格あたりがオススメです。

人と比較する必要はないので、背伸びをせずに自分に合った目標を設定して、少しずつレベルを上げていきましょう。

TOEICのスコアと実際の英語力に関しては、以下の記事がオススメです。

人から習おう

生徒に教える講師

目標が決まったら、スクール等を利用して人から習いましょう

社会人は学生よりも遥かに時間がありません。疑問をすぐに解消したり、弱点を分析してもらってそこを強化できる勉強を紹介してもらったりした方が独学よりも明らかに勉強効率が良く、時間を賢く使えます

英語を習うのであれば、超短期間で成果を出すことにこだわっているライザップ・イングリッシュがオススメです。

ライザップ・イングリッシュの詳しい情報は以下の記事がオススメです。

最後に

階段をステップアップするイメージ

学校等で、英語に興味のない人が英語の勉強を無理矢理やらさせるのは苦痛です。

しかし、あなたが「英語を取得したい!」と思っている今であれば状況は違います。正しい学習方法で、あなたに合ったレベルの勉強をすれば楽しく勉強できます。楽しく勉強できるなら、英語力は必ず身に付きます

理想を実現するために、1つ1つのステップを実行に移していきましょう!

何か1つでも参考になったことがあれば幸いです!

オススメ記事

最新情報をチェックしよう!