幸せになれるお金の使い方は?米大学の研究が出した答え

前回の記事、「お金があれば幸せ?お金と幸福度の研究結果はこちら」では、収入と貯蓄と負債が幸福度に及ぼす影響について書きました。

本記事では、その結果生まれた疑問、「何にお金を使えば幸福になるのか?」に回答します!

モノよりも経験にお金を使う

コーネル大学の研究結果

モノ(iPhone、車、テレビなど)にお金を使うのと、経験(旅行、コンサートなど)にお金を使うの、どちらの方が幸福度が高くなると思いますか

モノは経験と違って物理的に手元に残るので、長い目で見ると経験よりも幸福をもたらしそうな感じがしますが、結果はなんと逆でした

コーネル大学のトーマス・ギロヴィッチ教授の20年間の研究によると、モノを買った時に得られる幸福度と、経験を買った時に得られる幸福度は同程度のレベルだそうです。
しかし長い目で見ると、物を買った時に得られる幸福度は時間と共に低下するが、経験を買った時に得られる幸福度は時間と共に下がるのではなく、むしろ上がるそうです。

新しいモノを買うと、確かに最初はとても嬉しいのですが、人はそれに慣れてしまいます。
あなたが今使っているスマートフォンやパソコンは役に立っていると思いますが、生活の一部として当たり前になるに伴って買った時の喜びは薄れてしまっているでしょう。

一方で、経験は時間で価値が損なわれません
経験の積み重ねこそが人生を作り上げており、経験はモノと違って自分の一部のように感じられます。
過去の楽しかった経験、失敗した経験、どちらも今では笑い話や人と話す時のネタになっていませんか?

サンフランシスコ州立大学の研究結果

サンフランシスコ州立大学のライアン・ホウェルとグラハム・ヒルの研究で、経験はモノよりも他人と比較されにくい事が分かりました。

例えば、テレビを買うと、「どこのブランドか?」、「大きさは何インチ?」、「いくらで買ったか?」といった他人との比較要素が次々と出てきてしまいます。
宝石なら、「何カラット?」、「大きさは?」、「いくらで売れるか?」といった比較が起こります。

モノの値段で人と競争する事は非常に楽しくないと感じる人は多いのではないでしょうか。
たまに、小中学生の母親達が旦那に買ってもらった高級ブランド品でイキり合ったり張り合ったりしています。
本人達は必死ですが、端から見ると滑稽で痛々しいです

旅行のような経験でも、飛行機の座席、ホテルのグレード等比較が全くないわけではありませんが、研究によるとモノほどは他人との比較が起きにくく、嫉妬もあまり起こらないそうです。

経験にお金を使うその他のメリット

好きなコンサートはいいぞ

新しい経験をすることで、新しい観点や価値観を学ぶ事ができます
海外に行く、美術館に行く、新しいスキル(ダンスでも陶芸でも何でも良い)を学ぶ、といった経験をすると世界が違って見えるようになり、視野が広がります

私は吹奏楽部だったので、オーケストラを聴けばどの楽器がどの音を出していて、どれぐらいの技術を持っているのかが分かります。
また、吹奏楽部出身者同士とは仲良くなりやすいです。

こんな風に、経験は人と人を繋ぎます
シンガポールへ旅行に行った話をして、相手もシンガポールに行った事があれば、同じ経験によって親近感が生まれるし、会話も弾みます。
買ったモノが新しいパソコンだとなかなかこういう機会がありません。

私はダイビングを2回だけ経験した事があります。
たったの2回ですが、1度経験すれば一通りの流れとダイビングが好きな人の気持ちが分かりますから、少しの経験でも未経験者とは雲泥の差があります

このように、経験は一生価値を生み出し続けます

モノにお金を使うデメリット

モノは壊れたり、捨てたり、売ったりしない限り手元に残ります。
形あるものとして手元に残り続けるのは一見するとメリットのように見えます。

しかし、脳は常に無意識的に視界に映るあらゆるモノの情報処理をしており、モノが多い事は脳の負担となり、悪影響を与えます
部屋を常に綺麗に、整理しておいた方が良い理由の1つです。

私はミニマリスト至上主義ではありませんが、不要なモノが多い状態はそれだけで脳に負担がかかる事は覚えておきましょう。

詰まる所、モノを買って何をするかが重要です。
企業のマーケティング、テレビ、周りの人に影響されて買うモノは基本的に無駄ですが、モノを買うことによってどんな経験・体験をするのかが明白で、その経験に価値を感じられるのであれば、きっと良い買い物になると思います。

終わりに

長い目で見るとモノよりも経験の方が人を幸福にする事が分かりました。

VR施設のような新しい場所に行く、楽器や外国語のような新しいスキルを学ぶ、アウトドアのような新しい経験をすることは人生を豊かにし、幸福度を高めます。

有限なお金を効果的に使うためにも、本記事が普段と少しいつもと違うお金の使い方をするきっかけになれば幸いです。

人気記事

最新情報をチェックしよう!