南アフリカ人から聞いた現地での生活が怖すぎた

南アフリカ最大の都市、ヨハネスブルグ

南アフリカ共和国とは

  「南アフリカ共和国」という国を知っていますか?南アフリカ共和国はアフリカ大陸の中でも比較的有名で、代表的な国の1つです。そして、非常に危険なことで有名です

以下は、インターネットで有名な『ヨハネスブルグのガイドライン』です。

・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた
・ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた
・腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた
・車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する
・宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた
・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。
・バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった
・女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた
・最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って旅行者に殴りかかるから
・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味
・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。

ガジェット通信

  上記は誇張されて書かれているそうですが、実際に行った人の話を聞くと危険が多い国であることは間違いではないようです。

  私が現在滞在しているホテルでは南アフリカ人のヨハンさんが働いています。ヨハンさんから聞いた南アフリカでの話が怖すぎたのでシェアします。

夜勤でナイフを持った客に襲われた

  ヨハンさんは南アフリカ共和国のホテルで夜勤をしていたそうです。ある日、ホテルのバーで泥酔した客の1人が暴れだしたので、ヨハンさんはその人に暴れないよう注意をしました。

  すると、注意された客は逆上し、突然ナイフを取り出してヨハンさんに襲いかかって来たそうです。ヨハンさんは素手でナイフを掴み、その客を取り押さえたとの事。相手が泥酔していたとはいえ、ヨハンさんはめちゃ勇敢で強くない?

  ヨハンさんの手にはナイフの傷跡が残っていました。見せてくれた傷跡は生々しく、ホテルの夜勤でさえ命がけの環境に畏怖しました((((;゚Д゚)))) この記事の読者の中で、南アフリカで働く予定がある人はあまりいないと思いますが、警備が伴う仕事、人が少ない場所での仕事、夜の仕事は避けましょう…

ホテルの客が眠らされて盗難に遭う

  南アフリカではホテルの部屋の中でも安心できないそうです。ヨハンさんによると、音楽を聴くCDがありますよね?泥棒はあのCDに何か特殊な薬品をかけて、それをホテルのドアの下のすき間から部屋の中に忍ばせるそうです。すると、薬品が部屋の中に充満し、部屋の中の人は眠らされて起きられなくなってしまうそうです。その隙に泥棒はまんまと窓から侵入し、中で眠っている客の財布や荷物を奪うとのことです。

  南アフリカでは絶対にセキュリティーが厳重なホテルにしか泊まらないようにしましょう…

ギャングがやりたい放題

  ホテルで働いていると、よくギャングが泊まりに来るそうです。ギャングはホテルの物を壊したり、盗んだり、部屋で麻薬を使ったり、やりたい放題だそうです。

  しかし、ギャングは当然のようにナイフや銃を携帯していて、怖すぎてホテル側も注意できないそうです。

  南アフリカに行くときは、警備にお金をかけている高級ホテルが必須ですね… くれぐれもホテル代をケチる事がないようにしましょう…

最後に:旅行の際はセキュリティーにご注意を!

  ヨハンさんは最近アイルランドに引っ越したばかりだそうですが、窓を空けて寝られるのがとても嬉しいそうです(ヨーロッパはスリが多いことで有名ですが、アイルランドは治安が特に良好です)。南アフリカでは窓に鉄格子があっても、A4サイズの紙ぐらいの大きさのすき間があれば泥棒が侵入してくるとか。

  ヨハンさんの話を聞いて、改めて日本で生まれて良かったと心の底から思いました。旅行で一番大事なのはカードでもパスポートでもなく身の安全です。日本という世界トップクラスで治安が良好な国で育った我々は、旅行の際は特にセキュリティーに気をつけましょう!

人気記事

最新情報をチェックしよう!